生酵素サプリで置き換えダイエットを成功させるためのコツ

生酵素サプリで置き換えダイエット

酵素ダイエットを行う人は多いですが、いまは酵素のなかでも生酵素に注目が集まっています。

実は、生酵素でないとせっかく酵素をとっても体への働きかけが十分でなかったり、体の代謝をあげたりなどの効果が感じられないままになってしまうこともあるからです。

酵素は野菜や果物から取ることができますが、新鮮な野菜や果物でないといけませんし、また十分に酵素を摂取したければ一日に大量の野菜を食べなければなりません。

ですから、生酵素をもっと手軽に確実にダイエットに取り入れるのであれば、市販の生酵素サプリや新鮮な野菜から作られるグリーンスムージーを置き換えダイエットに利用していくといいでしょう。

ただ、どちらも便利で簡単に摂取できる分、飲み飽きてしまうことが考えられます。ダイエットが失敗してしまう原因で最も多いのが、飽きてしまったり続けるのが嫌になってしまうことですから、自分なりに工夫して飽きないコツを考えていくといいでしょう。

どうやったら飽きずに生酵素ダイエットを続けることができるのか?

例えば、飽きないコツとしては味を変えていくということと、レシピを変えていくということがあります。

毎回同じものだと単調になってしまうので、加える野菜を変えたり、またドリンクであれば炭酸割りや豆乳割りにしていくというのも良いです。

そうすることでアレンジする楽しみも増やすことができますし、置き換えダイエットが楽しいものにもなるでしょう。

ですが、アレンジしたり内容を変えてしまうことによって摂取できる酵素の量が変わってしまったり、期待していた効果が減少してしまうことも考えられます。

置き換えダイエットの時間を変えるのも一つの方法

その為、別の方法を取るのであれば、置き換えダイエットをする食事の時間や間隔を変えてみるというのも一つの方法です。置き換えダイエットは朝に行うのが一番腸への働きも良くなり効果が期待できると言われますが、朝は好きなものを食べたくなったということであれば、昼や夜に変えてみるのも良いでしょう。

昼は仕事をしている人であれば自宅にいないことも多いですし、これからまだまだ体を動かす時間帯であることから敬遠してしまうこともありますが、自宅にいることが多い主婦であれば昼の食事を置き換えにしても良いです。

また、夜帰宅するのが遅い人であれば、夜の時間帯の暴飲暴食を防ぐために、夜を置き換えにしても良いです。特に仕事が終わって帰宅した時などは心身ともに解放状態にあり、暴飲暴食につながってしまうことがあります。

朝の時間にせっかく酵素をたくさん取っても、夜にきちんと管理できなければ無駄になってしまうことも多いです。

ストレスから食べてしまうことが多いような人であれば、夜の置き換えダイエットを実践してみるといいです。

また、どうしても続かないような時は生酵素サプリに頼ってみるのもおすすめです。サプリは食事ではないので、サプリを摂取することによって食事管理がおざなりになってしまうことが危険ですが、そういった毎日の食事管理がおざなりにならないことを気にかけながら、生酵素サプリもうまく活用していくと良いでしょう。

酵素ダイエットでもやっぱりリバウンドの心配はある?

酵素ダイエットで痩せた!でも数ヶ月経ったらダイエットをスタートした時よりも体重が増えている・・・!?なんて恐ろしい事が実際にあります。

酵素ダイエットだけでなく、目標達成をした後のリバウンドはどんなダイエット方法にも起こりうる事です。それを避けるにはどうしたらいいのでしょうか。

酵素ダイエットのリバウンドはどうして起こる?

酵素ダイエットでリバウンドが特に起こりやすいのが、食事を酵素ドリンクに置き換えるダイエットを行った場合です。

置き換え酵素ダイエットは、本来食事で摂るばずのカロリーを合理的に減らし、酵素を補充することでエネルギーの代謝も良くするので順調に痩せられる事が多いのですが、摂取カロリーを減らして痩せると体が飢餓状態に陥る場合があります。

この飢餓状態のやっかいなところは、摂取カロリーが少なくなっていると体は「これはなかなか食べ物にありつけない状況なんだな?溜めておかなくちゃ!」と判断し、食べ物が入ってきたらできるだけ脂肪にして蓄えておこうとしてしまう事なんです。

なのでダイエットをやめて普通のカロリーの食事を食べ始めると、ドカンと脂肪に変わってしまいリバウンドするんですね。

リバウンドしない目標を設定する

リバウンドしないためには無理で急激なダイエットをしない事が何より大切です。広告で「1ヶ月で5kg減量!」など書かれている場合がありますが、ここまで急激に痩せてしまうと良くありません。

1ヶ月1kg以下を目標に、ゆっくり体重を減らすと体が飢餓状態に陥らずリバウンドしにくいと言われています。

たとえ1ヶ月700gダイエットしたとして、1年間続ければ8.4kg痩せられます。来年の今頃は8kg痩せてスッキリしてるはず・・・!という風に、長期的な目標を立ててダイエットすることが大切です。

酵素ダイエットは長く継続することで、酵素や含まれる栄養素の力で肌や髪もきれいになるとも言われているので一石二鳥ですね。ダイエットを長く続けるモチベーション維持が何より大切になります。

まとめ:酵素ダイエットはゆっくり痩せるとリバウンドなし!

酵素ダイエットは食事を減らして酵素ドリンクを飲んでもいいですし、1食酵素ドリンクを置き換えてもいいでしょう。ただ2食以上置き換えるのはリバウンドの危険があるので、よほど急いでいる場合以外はやめたほうがいいですね。

ダイエットを決意するなら少なくとも半年、1年くらいの計画を立てるとリバウンドしにくくていいですね。1年後は体重も落ちて、髪や肌の状態もぐっと良くなっている!と信じてダイエットのモチベーションを維持しましょう。

酵素ダイエットで失敗するのはこんな人

エネルギーを代謝するための酵素が補充でき、痩せやすい体質を作る酵素ダイエットですが、やはり効果が無かったり失敗してしまう人がいます。どんな人が失敗しやすく、どこを改善すれば効果が出やすくなるのでしょうか?

食事と置き換えなければ痩せるのは難しい

「酵素の力で痩せやすい体質になるんだったら、3食好きなものを食べてもいいんだよね?」そう思われがちですが、これが実は失敗のもとなのです。

摂取カロリーが多すぎる場合、どんなに酵素を増やしてエネルギーを代謝しても追いつかないものと考えましょう。一番効率的に痩せられるのが、酵素ドリンクを食事1回と置き換えるダイエット方法です。

ごはんのかわりに1杯酵素ドリンクを飲むと摂取カロリーが抑えられ、さらに酵素の力で痩せやすい体質になるのでダイエットサポート効果が高まります。

空腹に耐えきれない場合、豆乳や炭酸水、野菜ジュースで酵素ドリンクを割って飲むと多少腹持ちがよくなるでしょう。特に炭酸水は味も飲みやすくなり、炭酸ガスで満腹感が増すのでオススメです。

酵素ドリンク以外のカロリーを摂りすぎていないか

「酵素ドリンクの置き換えダイエットならもう何ヶ月かやってるけど、効果があんまり出ないの!」という人は、もしかしたら置き換えている以外の食事のカロリーが多すぎるのかも知れません。

「1食抜くんだから、いっぱい食べても大丈夫だよね?」は禁物です。成人女性の1日に必要なカロリーは1800〜2200kcalと言われていて、これを超えるとむしろ太ってしまいます。

このうち1200〜1400kcalは基礎代謝と言って、生命維持のために必要なカロリーなのでこれを下回るのはあまり良くありません。基礎代謝以上、必要なカロリー未満のカロリーで生活することがどのダイエット法でも一番大切な事なんですね。

まとめ:酵素の力だけに頼らずカロリーを計算しよう

酵素はたしかに代謝を上げて痩せやすい体を作ると言われていますが、それにも限界があります。食べ過ぎないよう、カロリーの高すぎる食事は避けましょう。そうすれば時間はかかっても体重は徐々に落ちていくはずですよ。

さらに酵素の力をより高めるためにはしっかり水分補給する事も大切と言われています。

そして肉などの動物性たんぱく質は消化酵素をたくさん消費してしまうため、代謝に回す酵素が減ってしまい痩せにくい体を作ってしまいます。酵素ダイエット中はお肉などあまり食べ過ぎないようにする事も大切です。

食べるものとカロリーに気を使うのが酵素ダイエット成功のコツだったんですね。

ダイエットサプリと合わせて摂りたいビタミンB2

ビタミンB2は必須栄養素の一つで、毎日大量に消費したり、過剰摂取分は排出される特徴があります。ビタミンB2の不足は、風邪や病気に抵抗力を低下させますし、肌の色艶にも影響して美容を阻害してしまいます。

つまり、不足しがちなビタミンB2は、食事で取る事は大切ですが、サプリメントで補う方法も有効といえます。

体調の変化は健康だけではなく、脂肪の蓄積や体型の変化にも影響を与えます。このような状況になるのは、ビタミンB2不足状態のダイエットであったり、食事を制限しすぎる事による体内バランスの変化と考えられます。

健康的にダイエットを行いたいのであれば、少なくてもビタミンB2を中心とした栄養素を食事で摂取したり、食事量を減らしてダイエットする場合は、サプリメントで定期的に摂る事がおすすめです。

ビタミンB2は具体的にどんな働きをするの?

サプリメントは消化器官に負担がかかるので、多少の食事は必要になりますが、食物繊維を中心に食事する事によって、ダイエット効果とサプリメント吸収効率の二つが高められます。

一方で、ダイエットを促進するサプリメントにも、ビタミンB2は相性の良い選択肢になります。

ダイエットサプリメントは、女性が嬉しい栄養素であったり、脂肪の燃焼を助ける成分が数種類配合されています。食べたものが消費されやすく、栄養として十分に行き渡るようになれば、体は無駄なエネルギーを摂取する必要がなくなり、効率良く活動出来るようになれます。

ただ、効果を引き出す為には、正しく使う必要がありますし、間違った使い方や誤った認識では逆効果に結び付きます。

摂取を行うタイミングは、消化吸収が始まる食後が最適で、一日の分量を三分割する方法が挙げられます。

ビタミンは体内で壊れやすく、摂取しても排出されてしまう量があるので、少ない飲む回数よりも、分割してこまめに摂る方が合理的です。勿論、カプセル形状であったり、錠剤以外の場合は難しい方法ですが、工夫次第で解決出来る問題です。

ビタミンB2を摂取するベストなタイミング

カプセルを数個飲む製品の場合は、一日分として均等に分ければ大丈夫です。中身を取り出して小分けにする事は問題ですが、中身が空気に触れさせなければ、後は飲み方を自由に選ぶ事が出来ます。

薬ではなく食品だからこそ、飲むタイミングが制限される事はなく、組み合わせや分量も自由に試行錯誤する事が可能です。

ビタミンは、不足しやすい栄養素ですが、効率良く補う方法の取り入れによって、美容と健康を損なわずに実現出来るようになります。摂取の目安となる切っ掛けは、気温の変化で体調不良を感じたり、肌の明るさが減って乾燥しやすくなった場合時です。

また、口内炎が出来やすく、治りも遅くなれば栄養不足と判断が行えます。栄養が足りていない状態では、痩せようとしても体の働きが低下しているので、効果が下がり目標までの道のりが遠のいてしまいます。

健康は脂肪燃焼の必須条件なので、基礎的な栄養は必ず不足を防ぎ、その上で痩せる取り組みを行う事が大切です。

酵素サプリを使ったダイエット法

ダイエットをする上で重要となるポイントの一つが代謝です。実際に体内に入った栄養等をいかにエネルギーとして利用する事が出来るかと言う事になります。

ダイエットを成功する為には、摂取エネルギーよりも消費エネルギーの方が多くならなければいけません。

勿論運動等をして体を動かすという事も消費エネルギーを増やすという点から言っても効果が期待出来ますが、この方法だと運動が苦手な人の場合はなかなかダイエット自体が出来なくなってしまいます。

運動が苦手な人でもある程度手軽にダイエットをする方法として注目を集めている物の一つが酵素ダイエットです。

酵素ダイエットの仕組みと取り組み方

酵素ダイエットとは日常に酵素を取り入れるダイエット方法の事です。人間の体には発酵食品が良いと言われていますが、なかなか毎日摂取し続ける事が出来ないという人も少なくありません。

その点酵素ダイエットは不足しがちな酵素を外から取り入れる事になるので、毎日発酵食品を摂取し続けるのと同じかそれ以上の効果が期待出来ます。

また、酵素ダイエットで利用する酵素はサプリになっているため、日常の食生活の質に左右される事も一切ありません。

継続してコンスタントに酵素を摂取し続けるという点から考えても、サプリの利用は効果は大いにメリットがある方法だと言えます。

酵素ダイエット自体は、とても簡単に行う事が出来ます。実際にダイエットをする時には食事制限や運動等を行う事が基本ですが、食事制限の場合はどうしても必要な栄養素まで不足してしまう事も珍しくありません。

また運動に関しては、体を動かす事が好きな人の場合は別として、運動が苦手な人にとっては運動する機会すらない、なかなか継続して行う事が出来ないという場合もあります。

その為、ダイエットの目標体重になるまでずっと体をこまめに動かす事等は出来ないという人も実際にいます。

酵素はこうした体を動かす事があまり得意ではないという人にも手軽に利用出来る方法となっています。これを利用する事によって代謝がアップする効果が期待できる為、エネルギーへの変換効率もぐんとアップする場合があるからです。

酵素を摂取するには色々な方法がある

ただ実際に酵素を見てみると、様々な物が原料となっています。

今注目されている物の一つとなっているので、サプリメントのタイプでも色々な物が市場に出回っており、初めて利用する人にとっては何が良いのか分からないという事も少なくありません。

まずは摂取のしやすさ、さらに味や匂い等にも目を向ける事が重要です。また酵素を利用する方法は即効性がある方法とは違って徐々に体の中から変化させていく方法となります。

効果の出方自体もその人の体質等によって大きく変わる事も少なくありません。その為、効果をすぐに感じる事が出来る人もいればなかなか分からないという人もいます。

酵素ダイエットを行う場合は、どれくらいの機関は利用する必要があるのか、様子を見続ける必要があるかを調べてから行う方が無難です。